ニキビの種類とそれぞれの対処法

 ニキビの中心には、角質と酸化した皮脂が固まった角質、つまりコメドがあります。  このコメドが毛穴を防ぎ、ニキビの原因になります。  一口にニキビといっても種類があります。

 初期のニキビは黒ニキビです。そこから悪化するごとに、白ニキビ、赤ニキビと呼び方が変わります。  黒ニキビはコメドの先が黒く変色した状態です。これは脂が浮いた鼻やその周りによく見かけ、点々と散らばっていることからイチゴ鼻と呼ばれています。

 黒ニキビの要因は、皮脂が過剰に分泌されたことに寄ります。ですから皮脂を過剰に分泌させないために、食事の内容を見直したり、睡眠を充分とったりする必要があります。ストレスもホルモンバランスを崩してニキビの要因になります。

 黒ニキビの対処法は、生活習慣を改め、ストレス発散などして心身ともに快適に過ごせるよう努めてください。

 白ニキビは毛穴が詰まっているため、炎症は起こっていませんが毛穴が盛り上がっている状態です。色はクリーム色で、黒ニキビが悪化したものです。爪などで潰してしまうと、さらに悪化してしまうのでやめましょう。

 白ニキビの要因は、脂っこい食事や不適切な洗顔方法で肌を傷つけてしまったこと。さらに生理前は黄体ホルモンが盛んになり、皮脂の分泌が多くなります。  白ニキビの方も、黑ニキビと同じく生活習慣を見直せば悪化を防ぐことができます。

 また市販薬などを使うと、治りが早いようです。ただし、ニキビケアの化粧品は、予防には効果的ですが、できてしまったニキビにはあまり効果がありません。

 ニキビは赤ニキビに悪化する前の白ニキビの段階までに治すようにしましょう。それは菌や刺激によって悪化した赤ニキビは、治るまでに時間がかかり、痕が残ってしまう可能性が高いからです。  赤ニキビは白ニキビを悪化させたものです。

 赤ニキビができてしまうと、メイクで隠そうとしても難しいですし、痛みも伴うようになります。  きちんと皮膚科を受診して、治療してもらいましょう。放っておくと、皮膚の奥が傷つき、シミの原因になってしまいます。

 ニキビを防ぐには生活習慣を見直し、肌を清潔に保つ努力が必要です。  できてしまったニキビは、むやみに取り出そうと刺激を与えたりせず、薬を用いるなどしてすぐに治療するようにしましょう。